ソフトドリンクでもOK

girl wears a black bra

「昼からお酒を飲む」ということにしろ、私たちは何かにつけ、決めつけということをやってしまうことがあります。たとえば、梅田の繁華街に足を踏み入れて楽しめるのは、お酒を飲める人だけだと。
体質的にアルコールを受けつけないような人は、「お酒の席」をウーロン茶やジンジャーエールで過ごさなければいけなくて、浮いた感じにならなければいけないのだと。
しかし、そんなことはありません。たとえば同じ梅田の繁華街でも、昼の梅田の繁華街は、お酒が飲めなくても楽しめます。昼キャバには、お酒が飲めなくても浮くことはないのです。
「キャバクラといえばお酒を飲むところ」という思い込みを捨てて、昼キャバには行きましょう。
その目で実際に見てみると、ここに書いていることも理解できると思います。実は意外と、お酒を飲んでいない人も梅田の昼キャバには多いのだということがわかるでしょう。
女の子との「お喋りタイム」の付いたカフェのような感じで、梅田の昼キャバは利用されている側面があります。お昼だけあって、同じ梅田でもビジネス街から抜け出してきたビジネスマンなどが、こっそりやって来て楽しんでいるという光景も、目にすることがあるでしょう。彼もさすがに酒気帯びで会社に帰るわけにはいきませんから、ウーロン茶などを飲みつつ女の子と盛り上がっているのです。
そういう利用をする人もまったく珍しくないので、堂々とウーロン茶なりジンジャーエールなりを注文し、楽しく過ごしましょう。